ピルについての掲示板

ピルについての掲示板
ピルについて説明する女性

ピルは避妊も出来ますし、生理痛・生理不順の改善など女性にとってはメリットの多いお薬となっています。ピルを使ったことのない方は一度使ってみるとよろしいです。ではピルについて説明していきます。

ピルは女性にとって大きなメリットがある

ピルは女性にとって、大きなメリットのある薬です。
まずメリットとしては、「避妊」が挙げられます。
女性にとって望まない妊娠ほど、悲しい事はありません。
日本では避妊といえば、まだまだコンドームを使うという考え方がありますが、確実に避妊の効果を得るにはやはり、コンドームよりピルがおすすめです。
正しく服用すれば卵巣が眠ったような状態となり、排卵を起こす事がありません。
排卵が無ければ当然、妊娠する事も無いので確実に避妊の効果を得られます。
男性だけに避妊を任せていると、万が一という時女性が傷ついてしまいます。
ですので、女性も自衛の為に薬で避妊を行う事が大切です。
また、ピルは避妊だけではなく、様々な女性特有の病気の治療にも用いられています。
子宮内膜症もその1つです。
子宮内膜症は子宮内膜が厚くなり過ぎてしまい、月経過多や生理痛、不妊を引き起こします。
ピルを服用する事によって、女性ホルモンバランスが変わり、子宮内膜を厚くし過ぎない効果が生まれるのです。
この作用によって子宮内膜症だけでなく、月経困難症の緩和にも効果が期待できます。
他に生理不順や生理の前にイライラしたり、不眠や疲れやすいなどの症状を引き起こす、月経前症候群「PMS」の改善にも有効です。
このように、女性が悩む症状や病気に対して、効果を発揮する点はピルのメリットと言えるでしょう。
また、生理の日にちをコントロールできる点も、女性にとっては大きなメリットです。
服用するタイミングや期間を変える事により、生理を早めたり逆に遅くする事ができます。
テストや試験、旅行など生理と重なりたくない用事やイベントがある場合、ピルを活用すれば安心して出かけられます。

ピル服用で吹き出物改善

ピルを服用するのは避妊のためだけではありません。
生理痛やPMSなど、生理期間中の不快な症状の改善や子宮内膜症の症状が起きないようにする、更年期障害の改善などの多くの効果があります。
その中の一つに吹き出物改善というものがありますが、女性の避妊や生理などに効果があるピルがなぜ吹き出物の改善効果まであるのでしょうか。
女性の身体は女性ホルモンによって大きな影響を受けています。
それは肌も同様です。
吹き出物など肌荒れの原因になっているのは男性ホルモンの影響があります。
女性でも少量ではありますが男性ホルモンが分泌されています。
男性ホルモンの働きの一つに皮脂の分泌量を増やすというものがあり、男性ホルモンの分泌量が多い女性は肌荒れやニキビなどに悩まされがちになってしまうのです。
そこで利用できるのがピルです。
ピルには多くの種類がありますが、その中に抗アンドロゲン作用を持つものがあります。
抗アンドロゲン作用とは抗男性化作用とも呼ばれ男性ホルモンの分泌を抑えてくれる働きがあり、その作用によって海外ではニキビの治療薬として認可されているピルもあるほどです。
また、年齢を重ねた女性はホルモンバランスの崩れによって肌荒れが起こることも多いのですが、ピルはホルモンバランスも整えてくれるため肌荒れの改善効果も期待できます。
しかし、どのピルを服用しても吹き出物や肌荒れの改善効果があるとは言えません。
ピルに使用されているホルモン剤には多くの種類があるため、自分に適したものでなければ逆に吹き出物が増えてしまう可能性もあります。
服用してみなければ自分にあうものかどうかわからないため、まずは医師に相談して処方してもらうようにしましょう。

ピル服用でホルモンバランス調整

女性の身体は女性ホルモンに大きく影響を受けていて、分泌量が崩れてしまうと生理不順や肌荒れ、若年性更年期障害、薄毛など様々な症状を引き起こしてしまいます。
ストレスや睡眠不足、栄養不足などが原因だと言われていますが、生活習慣を正してホルモンのバランスを整えることは難しいこともあります。
そこで利用したいのがピルです。
ピルと言えば避妊薬というイメージがありますが、実は避妊以外にも様々な女性の不調の改善に使用されています。
ピルには合成された女性ホルモンが配合されています。
服用することで血液中の女性ホルモンの濃度が一定量に保たれるようになります。
ピルに配合されている女性ホルモンの量によって身体も変化していき、生理の周期が約28日周期に整ったり、女性ホルモンの不足で起こる若年性更年期障害や薄毛などの改善効果が期待できます。
生理痛やPMSも女性ホルモンの分泌バランスが原因だと言われており、その改善の効果も見られます。
注意点としては、薬で女性ホルモンの量をコントロールして自分本来のホルモンのバランスが大きく変わってしまうため、最初は吐き気や嘔吐、頭痛、腹痛、胸の張り、むくみなどの副作用を感じる可能性があります。
これは1シート28日分のピルを2~3シート服用すれば症状が改善していくことがほとんどです。
た、これらの症状の改善のために処方してもらうピルは、ドラッグストアなどで販売されていないため病院に行って処方してもらわなければなりません。
症状によってはピルの処方が健康保険適用外になるケースがあり、全額自費負担を行わなければなりません。
診療費とピルの代金を含めて1ヶ月5000円程度かかってしまうので注意が必要です。