ピルについての掲示板
ピルについて説明する女性

ピルは避妊も出来ますし、生理痛・生理不順の改善など女性にとってはメリットの多いお薬となっています。ピルを使ったことのない方は一度使ってみるとよろしいです。ではピルについて説明していきます。

甲状腺機能症の場合ピルによる避妊はできず堕胎

ピルは、女性特有の体の不調に有効であり、避妊効果以外にも多くのメリットが期待できる薬の一つです。

また、加齢によって女性ホルモンの分泌が減少することで起こるとされる更年期障害の緩和や、排卵を抑制して卵巣の損傷を少なくするため子宮体がんや卵巣系の病気などの発生リスクも低下させる効果があるとされています。

ただ、甲状腺機能症などの症状がある場合、ピルを服用することで悪い影響が起こるのではないかと考える人もいることでしょう。

甲状腺も、ホルモンの分泌が過剰になったり低下することで異常が出るわけですから、ピルによってホルモンバランスが変化すると身体に不調があらわれるのではないかと不安に思われることでしょう。

それでは、甲状腺機能症の人にはコンドーム以外の避妊はできず、もし望まない妊娠をしたら堕胎しか道はないのでしょうか。

女性ホルモンと甲状腺ホルモンの分泌には深い関係があり、女性ホルモンの分泌が減少すると甲状腺ホルモンの分泌も低下していきますが、ピルを服用したり妊娠して女性ホルモン分泌が増えると特に、甲状腺亢進症の症状がある場合には過剰に分泌された甲状腺ホルモンが女性ホルモンと結合して不活化するたんぱくを増やす傾向にあります。

そのため、亢進症自体は緩和されることがありますので、むしろピルを服用することは甲状腺機能症に有効だとされています。

ただ、服用してそのままではなく定期的に検査を行うなどして様子を見て、身体やホルモン分泌の変動が大きい場合には薬を増減するなどして調節していくことが必要となります。

堕胎は、女性の身体に負担をかけ乳がんなどの発生リスクも上昇させることもあり、簡単に行うのは望ましくないといえますので、ピルを服用しながら避妊や体調とともにホルモンバランスを整えながら生活していくことをおすすめします。